豊富なデリバリーを利用してみよう|お得に購入できるクーポン

女の人

昔懐かしの和菓子

和菓子

かりんとうは昔なじみのお菓子であり、駄菓子屋などで購入することができます。そんなかりんとうは今では50種類以上も存在するというのはご存知でしょうか。その種類は、抹茶かりんとうや、黒ゴマかりんとう、そばかりんとうと独特なものが豊富にあります。地域によってはかりんとう専門店というのもあり、様々なかりんとうを味わうことができるでしょう。中には野菜かりんとうといった種類もあり、健康的な野菜をかりんとう独特の食感で味わうことができます。

かりんとうの値段はグラム数によっても違いますが、数百円程度で購入することができるのがほとんどです。店舗によって詰め合わせセットなどもあり、毎日違う味のかりんとうを堪能することもできます。
今では、手軽に購入することができるかりんとうですが、実は昔は高級菓子という扱いがなされていました。その歴史は古く、時は奈良時代にまで遡ります。奈良時代の遣唐使によってもたらされたものが京都を中心に広まり、それが現在に至っているのです。しかし、地方によってその認識が違います。かりんとうは棒状の油菓子ですが、関西地方ではそれを「オランダ」と呼び、形状も縄状にねじられていて本来知っている形とは大きく異なります。かりんとうの定義は「形・味に関係なく、小麦粉、穀粉類を水で捏ねて油揚げしたもの」と全国油業工業共同組合の製造特許の定義として定められているのです。地方によって見た目や味に違いこそありますが、昔からの馴染みのお菓子であることに変わりはありません。駄菓子屋に寄った際に食べ比べをしてみると、昔懐かしい思い出に浸ることもできるかもしれません。